クリスマス会を終えて①キャンドル礼拝

今年も早いもので今日を入れてあと4日です。

幼稚園は12月22日にクリスマス会、23日に2学期の終園式を終え、冬休みに入っています。

みんな元気にしているでしょうか?

クリスマス会のことをもっと早く書こうと思っていたのですが、すっかり遅くなってしまいました。

クリスマスは神さまの御子であるイエスさまのお誕生日。

その日を皆そろってお祝いします。

おうちの方にもいらしていただきます。

エンゼルのクリスマス会は二部構成。

一部はキャンドル礼拝です。礼拝堂で行いました。

年長さんが大事に大事に火の付いたろうそくを手に持ちます。

年中、年少さんにとっては、普段の礼拝とほぼ同じですが、目に映るのはいつもとは違う光景。

アドベントクランツの4本目のろうそくに火がともされ、

クリブ(イエスさま降誕の様子を現した置物)が真っ赤なポインセチアとともに飾られているのを見て、

その美しさに心惹かれたことでしょう。

聖歌「あらののはてに」の「グローリア~、イン・エクセルシス・デ・オ」の歌いにくかった部分も

この日は完ぺきに歌えました。

ちなみに「イン・エクセルシス・デ・オ」はラテン語です。

朝、登園したら、先生に白いケープを首にかけてもらいました。

今日は、特別な日。

年少さんの中にはケープを嫌がる子もいます。

「こうやったら外せるよ~!」とリボンを引っ張って、ケープの外し方を周りの子に伝授していた(?)子もいたとか。(先生泣かせ・・・)

毎年、ケープに関しては、こんな風に面白い後日談があります。

ケープをつけた子どもたち、とても可愛いかったです。

 

fullsizerender

 

広告